Pages Menu
Â̂ߋ Sede Central Izunome Izunome Group
Categories Menu

Posted on 23/5月/2018(水)

岡田真明様に対する懲戒処分と解雇通知について

岡田真明様に対する懲戒処分と解雇通知について

Print Friendly, PDF & Email

2018年5月21日、岡田真明様に対して「懲戒処分並びに解雇通知書」が「包括法人世界救世教代表役員 長澤好之」名で届けられました。

教主様の認証を得ずに、包括法人世界救世教代表役員と称している東方之光(MOA)の長澤氏をはじめ、入江光生氏、森富士夫氏、横山茂弘氏、いづのめ教団の小林昌義氏、榊原光一氏、中居林氏らは、真明様を世界救世教から事実上追放し、初代教主の明主様から連綿と続く教主制を廃止する道を選びました。この事実は、世界救世教の存亡に関わる重大な問題です。

 世界救世教の宗家および全専従者の中で、明主様のご血統を継がれ、「教主継嗣」そして「五代教主」となりうるお方は、真明様ただお一方です。

そのような立場をお持ちの真明様に対し、このたび彼らが「除籍(信者名簿から除籍する)」および「解雇(普通解雇)」という懲戒処分を行ったことは、「私たちは教主制を維持しません。いずれ廃止します」という意思を明確に表したということです。

私どもは、4月26日付「岡田真明様に対する懲戒処分の動きについて」の文書の中で、教主制の危機を訴えましたが、誠に残念なことに、予見した通りの事態になってしまいました。

包括役員会を称する人物らは、今回の一連の動きの中で真明様に対して、明主様のご血統にある宗家の方として丁重な対応をせず、無礼千万な文言を用いて、真明様を「一職員」として扱っていることを強調しています。

彼らは明主様の血統をないがしろにしておきながら、普段は明主様のご尊影に向かって頭を下げ、ご挨拶をしているのですから、私どもには彼らの気持ち、信仰心がまったく理解できません。

また、今回の懲戒処分に先立って、「岡田真明氏の発言とその検証」と題する文書が包括役員会名で5月11日に出されていますが、この文書は明らかに、真明様の懲戒処分をしたことによる混乱を避けるため、予め真明様を批判する文書を公表したものです。

文書の内容は、真明様を誹謗中傷し、著しく名誉を毀損するものです。しかもこの文書は、いづのめ教団の各拠点にFAXで送信され、拠点で掲示された他、SNSでも広く配信され、今も真明様の名誉が踏みにじられているのです。

真明様は、職員の身分としては「一職員」の立場かもしれませんが、世界救世教のご宗家であられる方なのです。ご宗家に対してすることでしょうか。この行為は、東方之光(MOA)と小林執行部の異常さを物語っているとしか思えません。

そもそも、真明様といづのめ教団若手専従者の懇談会は、小林氏自身が真明様にお願いして行われたものです。そして真明様のお話の記録は、責任役員会の承認を得て、毎回職員に対して、正式に配布されていました。

真明様の懇談会でのお話が教義違反であると言うならば、真明様に懇談会をお願いした小林氏がその責任を負うべきではないでしょうか。

その小林氏が真明様に対する審定委員会の委員長となり、「除籍(信者名簿から除籍する)」と「解雇」を決定したのですから、不合理極まりないと言わざるを得ません。

 真明様に対する懲戒処分と解雇は、法律上の手続に問題のある包括役員会が勝手に決議したことです。包括役員会の法的な問題(代表役員・管長の地位等)については、世界救世教主之光教団が裁判を起こしており、私どもとしては、主之光教団と連携・協働しながら、いかなることがあろうとも「教主の座」を守り抜いていく所存です。

おそらく近い将来、東方之光(MOA)と小林執行部は、教主様の推戴を取り消すことでしょう。そして、包括法人世界救世教の「規則」を変更して、世界救世教を教主様なき組織とし、東方之光(MOA)執行部の意のままになる組織体制を築きあげていくものと思われます。

いづのめ教団はすでに、東方之光(MOA)の従属組織と化しており、その立ち位置は今後も変わらないでしょう。つまり、いづのめ教団の行き着く先は、「教団のMOA化」であり、「信仰の私物化」であり、「神隠し」なのです。

今、私ども一人ひとりの信仰が問われていると思います。

明主様のご意思が教主様を通して私どもに伝えられていると信じ、明主様だけではなく、私ども一人ひとりにメシヤの御名が与えられていることを信じるのか。それとも、自分たちの都合の良いように御教えを解釈し続け、一人ひとりに与えられているメシヤの御名を無視し続けるのか。

私どもはもちろん、前者でありたいと願っています。

教主様と思いを共にする信徒の皆様、共に力強く、全く新しい救いの道を歩んでまいりましょう。

そして、近い将来、東方之光(MOA)と小林執行部によって教主様の推戴が取り消されたとしても、主之光教団といづのめ教区で力を合わせ、あらゆる迫害に遭いながらも、全く新しい信仰をご教導くださる教主様と真明様をお支えさせていただこうではありませんか。

 

いづのめ教区代表 白澤道夫

   同 副代表 川谷 豊