Pages Menu
Â̂ߋ Sede Central Izunome Izunome Group
Categories Menu

Posted on 08/10月/2018(月)

【明主様の御教え】 秋季大祭 2018年10月8日

【明主様の御教え】 秋季大祭 2018年10月8日

This post is also available in: enEnglish pt-brPortuguês

Print Friendly, PDF & Email

秋季大祭 2018年10月8日

御教え

天国予言の具体化
 今日(こんにち)聖書を通覧してみるとき最も重要である点は「最後の審判」と「天国は近づけり」と「キリストの再臨」の三つであろう。これを検討するとき右の中(うち)最後の審判は神が行うのであり、キリストの再臨は、これは天の時至って表れることで説明の要はないが、ただ天国のみは人間の力で建設するのである。とすればこれはいつの日か誰かが設計者となり建設の実を挙げなければならないのは勿論である。
 右のごとくでありとすれば、その時であるが、吾らの見解によれば時はいまであり、そうして建設者は本教であることである。その具体化はすでに始まっている。見よその模型を、目下建造しつつあることは本紙に再三発表した通りである。
 右のごとく、本教が地上天国を造ることによって、キリストの予言はここに的中するのである、といっても別段誇ろうとするのではない。何となれば聖書の予言も、本教がそれを具体化することも、神エホバが人類愛の御心によって理想世界の建設のため、時に応じて選ばれたる人間を、自由自在に駆使せらるるからである。
 右の意味において、現在行いつつある吾らの事業は、すでに二千年前聖キリストによって予言せられており、その予言実行のための使命を課せられた一員としての吾らと思うのである。