Pages Menu
Â̂ߋ Sede Central Izunome Izunome Group
Categories Menu

Posted on 03/11月/2018(土)

【明主様の御歌と御教え】十一月度月次祭 2018年11月3日

【明主様の御歌と御教え】十一月度月次祭 2018年11月3日

This post is also available in: enEnglish pt-brPortuguês

Print Friendly, PDF & Email

御歌

教育も道徳倫理も我教(わが おしえ)生まるるまでの仮のものなる
文化のみ如何に進むも人類の幸福はなし神他(かみ よそ)にして
長き世の仮の文明打砕き真(まこと)の文明打樹てんかも

御教え

信仰と戒律
政治にも封建的と自由主義的とあるが、宗教も同様である。今日(こんにち)までの既成宗教は封建的が大部分を占めていた。その現れとして何をすべからずとか、何をすべしとかいう戒律が多かった。これらはいずれも封建的であって、小乗的である。それに引き換え本教にはほとんど戒律がない、実に自由主義的である。
宗教における戒律は社会における法規と同様であって人間は法規の力で不正を支えているということは本当ではない。本当に立派な人間になれば、どんな所に放り出しておいても取締り法規がなくとも悪は行えないというのが真の人間である。
この理によって、戒律とはいわゆる宗教の法規である。したがって戒律によらなければ正しい信仰的行いができないということは、本当の信仰ではないということになる。とはいうものの人類が野蛮未開の時代は人間の智能が低いので、宗教を真(しん)に理解し得ないので、どうしても戒律によって悪を制御しなければならないからである。
以上によってみても明らかなるがごとく、高度の文化時代の宗教は真に神意を理解し得らるる人間にまで進歩したとしたら戒律という刑罰は必要がないので、そういう宗教こそ恒久平和の地上天国を作りうる資格ありというべきである。
『天国の礎』宗教 上(昭和二十四年十二月十七日)