Pages Menu
Â̂ߋ Sede Central Izunome Izunome Group
Categories Menu

Posted on 23/2月/2019(土)

【明主様の御歌と御教え】立春祭 2019年2月4日

【明主様の御歌と御教え】立春祭 2019年2月4日

This post is also available in: enEnglish pt-brPortuguês

Print Friendly, PDF & Email

御歌

立春の今日を境に我業わがわざは日の出の如く輝よひわたらむ

審判しんぱんの日の厳しさよ如何ならむまが鰭伏ひれふし悔改むるらむ
いやはてにメシヤの救主きみくだるらむハレルヤハレルヤの声に迎へられ

御教え

中島氏帰幽に関す御お言葉  昭和二十五年二月
 
 立春の日には組織が変わった。
 元旦には、今年からたいへんだと言った。それは世間のことと思ったら、教団自体に大きい変わり事があった。
 これからは世の中に変わり事があろうと思う。いまは観音様のお働きはできない。祝詞にも、応身弥勒と化し、メシヤとならせと入れた。観音様はメシヤとならせられ、観音様のお働きはメシヤになる。観音様は東洋的であり、世界的のものではない。
 世界人類の救済からゆくと、メシヤ教はよほどキリスト教に近くなる。いずれはそうなるべきだが、ようやく時期が来たのである。
*祭典用に抜粋しております。