Pages Menu
Â̂ߋ Sede Central Izunome Izunome Group
Categories Menu

Posted on 11/7月/2019(木)

【明主様の御歌と御教え】世界平和祈願祭 2019年7月1日

【明主様の御歌と御教え】世界平和祈願祭 2019年7月1日

This post is also available in: enEnglish pt-brPortuguês

Print Friendly, PDF & Email

御歌

大神は色とりどりの絵具もて地上天国の名画描かむ
いと窄(せま)き主義とふ道を作りつつ進みがてなる人の多かり
              *「進みがてなる」進むことができないでいる
小さなる心を捨てよ例しなき大いなる神業に携はる身は

御教え

宗教は世界的たれ (昭和二十五年二月十一日)

そもそも、宗教なるものはいかに他の条件は完備していても、その根本は世界的でなくては真の宗教とは言えないのである。なぜなれば民族的、国家的だとすれば、今日(こんにち)までの世界の実態と同様、争いを生ずることになるからである。というわけはお互い自分の宗教の優越を誇り、他教を卑下することになりやすいため、融和し得ないばかりか、時によりその国の為政者がそれを政治に利用することさえある。かの日本の軍閥が太平洋戦争の際、神道を極端に利用したことなどもその一つの表れである。かの古代ヨーロッパの十字軍の戦争などもよくそれを物語っている。

このような例は少なくないが、その原因が前に述べたごとく、民族的宗教であったためである。とはいうものの、その時代が今日のごとき交通の未開発や、国際関係の区域的であったからでもあり、文化の揺籃時代ともいうべき時とすればまた止( や)むを得なかったのである。

ところが、今日のごとくすべてが世界的となり、国際的になった時代、なおさら宗教もそれと歩調をともにすべきが本当である。本教が今回日本の二字を冠していたのを改め、世界救世教としたのも以上のごとき意味にほかならないのである。

『天国の礎』宗教 上