Pages Menu
Â̂ߋ Sede Central Izunome Izunome Group
Categories Menu

Posted on 19/8月/2019(月)

2019.8.3-4 祖霊大祭 成井理事長挨拶

2019.8.3-4 祖霊大祭 成井理事長挨拶

This post is also available in: enEnglish pt-brPortuguês

Print Friendly, PDF & Email

於:プラサヴェルデ キラメッセぬまづ

 

皆様、祖霊大祭、誠におめでとうございます。
 本日は、全国の皆様と共に、教主様が祭主を務められる中で、祖霊大祭を執り行わせていただけましたこと、主神と、主神と共におられる明主様に、心から感謝申し上げたいと存じます。
 教主様には、先月のブラジルご巡教に続いて、本日も私どものためにご出座くださり、私ども世界中の信徒を明主様の真(まこと)の救いの道へとお導きくださいますこと、誠にありがたいことと心より御礼申し上げます。
 また、本日は、まゆみ奥様、そして、教主様の後継者であられる真明様にご臨席いただいておりますので、ここでご紹介させていただきます。
 まゆみ奥様、真明様、恐れ入りますが、どうぞお立ちくださいませ。
 ありがとうございました。
 後ほど、真明様にはご挨拶いただきます。よろしくお願い申し上げます。

本日は、はじめに、ご来賓の皆様をご紹介させていただきます。
 この度の参議院選挙にあたりましては、全国の信徒の皆様には、室井先生、そして、有村先生に絶大なるご支持、ご支援を賜り、お二人共にめでたく当選を果たされました。全国の信徒の皆様に厚く御礼申し上げます。
—————————
(3日)
 参議院議員の室井邦彦先生と秀子夫人、そして、同じく参議院議員の有村治子先生です。
 室井先生、秀子奥様、有村先生、どうぞお立ちください。おめでとうございます。
 ありがとうございました。
 今後とも、室井先生と有村先生のさらなるご活躍を期待しております。
 さて、先月、教主様は、日々東奔西走のご神務にも拘わらず、ブラジルへご巡教くださいました。
 その様子につきましては、このあと上映されます「神さまの子どもとなるために ~教主様ブラジルご巡教~」の中で詳しく取り上げておりますので、楽しみにしていただきたいと思います。

(4日)
 本日は、参議院議員の室井邦彦先生と秀子夫人が、昨日に続いてご参拝になっています。
 室井先生、秀子奥様、どうぞお立ちください。おめでとうございます。
 ありがとうございました。
 今後とも、室井先生のさらなるご活躍を期待しております。
 また、本日は、海外からも信徒の代表の皆様がご参拝になっています。ここでご紹介させていただきます。
 韓国世界救世教のユン本部長をはじめ10名の皆様、そして、ブラジル世界メシア教本部職員のエジガルさんです。皆様どうぞお立ちください。盛大な拍手でお迎えさせていただきましょう。
 ありがとうございました。
 ブラジルには、先月、教主様がご巡教くださいました。
 その様子につきましては、このあと上映されます「神さまの子どもとなるために ~教主様ブラジルご巡教~」の中で詳しく取り上げておりますので、楽しみにしていただきたいと思います。
—————————
 教主様は、真善美7月号において、「我が内に甦(よみがえ)るなり明主様(めいしゅさま)創立したる世界救世(メシヤ)教」というお歌をご発表くださいました。
 私は、この度、世界でいち早く世界メシア教が設立されたブラジルへのご巡教に随行を許されましたが、それを通して、神様が、私自身の中にも、「世界救世(メシヤ)教」を誕生させてくださっていたことを、はっきりと私にも思い出させてくださる機会を与えてくださったものと思っております。

また本日は、全国の信徒の皆様にご報告と御礼を申し上げたいと存じます。
 私どもは、先般、昨年に続いて、文化庁に対し、世界救世教から四代教主・岡田陽一様と主之光教団を排除するための規則変更に、断固反対する署名に改めて取り組ませていただきました。
 この度の署名活動は、僅か2ヵ月あまりの短い期間にも拘らず、日本国内はもとより世界37ヵ国にも拡がり、昨年の4万名を優に超える、10万9,734名、約11万名にも及ぶ多くの署名をいただくことができました。
 そして、7月11日、皆様方の真心のこもった署名簿を仲泊管長より文化庁宗務課にお届けさせていただきました。
 日本全国及び世界37ヵ国の信徒の皆様、本当にありがとうございました。

皆様、主之光教団といづのめ教区、そして、東方之光教区の私どもがめざす道は、ただ一つ、教主様と共に、明主様の、メシヤの御名にある本当の救いをお受けし、普(あまね)く世界にお伝えしていく道であります。
 今後、私どもは、教主様のもとにより一体化した一つ教団となり、明主様の真(まこと)の救いの道を力強く歩ませていただくことをめざしてまいりたいと存じます。
 そして、「どこまでも教主様と一つ心に」という明確な意志を持たれた海外信徒の皆様とも心を合わせ、一致団結、一丸となって進ませていただきましょう。

教主様のお出ましの前に大切な時間を賜りましたことに感謝申し上げ、私の挨拶とさせていただきます。
 ありがとうございました。