Pages Menu
Â̂ߋ Sede Central Izunome Izunome Group
Categories Menu

Posted on 13/10月/2019(日)

世界救世(メシヤ)教開教のみ心を求めて 新体制が発足

世界救世(メシヤ)教開教のみ心を求めて 新体制が発足

Print Friendly, PDF & Email

主之光教団では、教主様のご教導に基づき、昭和25年に世界救世(メシヤ)教を開教された明主様のみ心をお受けし、今年8月に新体制準備委員会を設置。全人類が神様の子供・メシヤとして新しく生まれるという主神のみ旨にお仕えするための全く新しい体制づくりを進めてきました。

そうした中で9月30日、午後3時より、教主様のご出座とまゆみ奥様、教主様の後継者であられる真明様のご同席のもと、「責任役員・評議員承認式並びに代表役員認証書交付式」が厳粛に執り行われました。

初めに、新しく選任された責任役員および評議員に対して、教主様よりご承認を賜りました。その後、教主様より成井代表役員(理事長)の再任に対し、認証書をご交付いただきました。続いて白澤理事、川谷理事の副理事長就任に対して、認証書をご交付いただきました。

成井新理事長が決意発表を行った後、教主様よりお言葉を賜り、引き続き、教主様ご先達のもと、全員で奉告参拝を行いました。

翌10月1日には、「教区長・布教区長並びに本部部課長承認式」が執り行われ、全国から専従者や信徒163名が参列しました。

新責任役員、新評議員が紹介された後、教主様より、教区長、布教区長、教団事務局長、本部部課長の候補者に対してご承認を賜り、続いて成井理事長が決意発表を行いました。

真明様がご挨拶に立たれた後、教主様がお言葉を述べられ、続いて教主様のご先達のもと参列者全員で天津祝詞を奏上。厳かなうちに式は終了しました。